経営お役立ち情報

先進安全自動車(ASV)の導入に対する支援
( 2021.8.15)

▼概要
国土交通省では、ASV装置を搭載した事業用の車両を購入等する場合、ASV装置購入に係る費用の2分の1の補助を実施しております。
補助対象車両は、令和3年4月1日以降に購入した車両となります。

▼詳細
「国土交通省」
詳しくはこちらへ

事業再構築補助金 第3回公募
( 2021.8.15)

▼概要
ウィズコロナ・ポストコロナの時代の経済社会の変化に対応するために、新分野展開や業態転換、事業・業種転換等の取組、事業再編又はこれらの取組を通じた規模の拡大等、思い切った事業再構築に意欲を有する中小企業等の挑戦を支援します。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ

ものづくり・商業・サービス高度連携促進事業(補助金)2次公募
( 2021.8.15)

▼概要
本事業は、複数の中小企業・小規模事業者等が連携して取り組む、生産性向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資や幹事企業が主導し、中小企業・小規模事業者等を束ねて面的に生産性向上を推進する取組等を行う事業を支援するものです。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ


ESGリース促進事業 補助金制度
( 2021.8.1)

▼概要
環境省が定める基準を満たす脱炭素機器をリースにより導入した場合、当初リース契約期間の総リース料(消費税及び再リース料を除く)の4%以下の補助金を指定リース事業者に対して交付します。
リース先は中小企業、個人事業主等とされています。

▼詳細
「一般社団法人環境金融支援機構」
詳しくはこちらへ

インボイス制度(令和3年10月1日〜登録申請受付開始)
( 2021.8.1)

▼概要
令和5年10月1日から、消費税の仕入税額控除の方式としてインボイス制度が導入されます。適格請求書(インボイス)を発行できるのは、「適格請求書発行事業者」に限られ、この「適格請求書発行事業者」になるためには、登録申請書を提出し、登録を受ける必要があります。

▼詳細
「国税庁」
詳しくはこちらへ

中小規模事業者のための脱炭素経営ハンドブック(環境省) PDF
( 2021.8.1)

▼概要
環境省では、「令和 2 年度 中小企業の中長期の削減目標に向けた取組可能な対策行動の可視化モデル事業」において、SBT または SBT に準じた中長期目標を設定している中小企業から 8 社を採択し、各社に対し主要事業所への訪問を交え、削減計画の策定・再生可能エネルギー調達手段の検討・設備導入のための資金計画立案等について支援を実施しました。
このハンドブックはモデル事業で得られた知見を踏まえて、中小企業における中長期的な削減計画の検討の進め方を整理したものです。

▼詳細
「環境省」
詳しくはこちらへ


戦略的ツール活用型若者人材移転支援事業(補助金)
( 2021.7.15)

▼概要
都市部の若者人材の獲得に向け、地方の中小・中堅企業等が採用活動を支援する事業者や地方自治体と一体となって取り組む、デジタルツールを戦略的に用いた採用活動を支援するものです。

▼詳細
株式会社ジェイアール東日本企画「戦略的ツール活用型若者人材移転支援事業」 事務局
詳しくはこちらへ

中小企業のためのSDGs活用
( 2021.7.15)

▼概要
SDGsへの関心が急速に高まる中、中小企業においてもSDGsを意識して企業を経営していくことの重要性は高まっています。
しかし、いざ“SDGs経営を”と求められても、なぜ企業がSDGs経営に取り組まなければいけないのか、そしてどんな事から始めればよいのか、さらに経営にSDGsを取り入れる事で企業としてどんなメリットを享受できるのか…についてはまだまだ一般化されてはいないと言えるでしょう。
J-Net21では、今後SDGs経営に取り組もうとする中小企業にとって参考になる先行事例や関連記事、リンクを紹介していきます。

▼詳細
「独立行政法人中小企業基盤整備機構」
詳しくはこちらへ

路線価図等の公開(令和3年分)
( 2021.7.15)

▼概要
路線価とは 相続税や贈与税の計算をする時に使うものです。現預金や有価証券等の価値は分かりやすいですが、土地の時価を計算するのは大変です。
そこで国は道路に路線価という価格をつけ、これに土地の面積を掛けて土地の相続の評価にしました。
このたび、令和3年分の路線価が公開されました。

▼詳細
「国税庁」
詳しくはこちらへ


クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金
( 2021.7.1)

▼概要
経済産業省では、「電気自動車、プラグインハイブリッド車、燃料電池自動車」と「外部給電器・V2H充放電設備」を同時に購入する個人を補助しています。連携事業として環境省では、「再エネ100%電力調達」すること等を前提に、「電気自動車、プラグインハイブリッド車、燃料電池自動車」を購入する、個人、民間事業者(中小企業)及び地方公共団体等に補助しています。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ

中小企業向けの「AI導入ガイドブック」
( 2021.7.1)

▼概要
経済産業省では、中小企業がAIを導入する際のノウハウをまとめた「中小企業向けAI導入ガイドブック」と、中小企業が社外のAI人材と協働して課題解決を行った事例を掲載した「中小企業と外部AI人材との協働事例集」を取りまとめました。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ

新事業創造に資する知財戦略事例集
( 2021.7.1)

▼概要
特許庁は、経営層・新事業開発・知財それぞれの立場の「悩みや課題」、経営環境の変化に対応した知財活動の実践、その中での気づきやいわゆる失敗事例を取り上げた事例集を公開しました。

▼詳細
「特許庁」
詳しくはこちらへ


事業承継・引継ぎ補助金
( 2021.6.15)

▼概要
事業承継やM&A(事業再編・事業統合等。経営資源を引き継いで行う創業を含む。)を契機とした経営革新等への挑戦や、M&Aによる経営資源の引継ぎを行おうとする中小企業者等を後押しするため、「事業承継・引継ぎ補助金」による支援を実施します。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

既存不適合機械等更新支援補助金
( 2021.6.15)

▼概要
既存不適合機械等更新支援補助金事業では、国に代わって建災防が既存不適合機械等を所有する中小企業事業者等に対し、当該既存不適合機械等を最新の構造規格に適合し、かつ、構造規格の基準を超える高水準の安全性を有する機械等へ更新するための改修、買換経費(一部)に間接補助金を交付します。

▼詳細
「建設業労働災害防止協会」
詳しくはこちらへ

バーチャル組合総会/理事会開催に関する実務指針
( 2021.6.15)

▼概要
経済産業省は、中小企業や商店街に関する組合などが、オンラインのみ、あるいはオンラインを併用して総会や理事会を開催する際の実務指針を策定しました。これまで、法的な制約でオンラインのみの開催はできませんでしたが、省令改正と併せて整備した本指針を、コロナ禍での柔軟な組合運営に活用ください。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ


ビジネスコミュニティ型補助金
( 2021.6.1)

▼概要
小規模事業者持続化補助金です。40歳代以下の地域の経営者等又は女性経営者等で構成され、小規模事業者5者以上が参画している組織が対象です。
販路開拓、事業承継、地域の防災、災害復旧活動等の取組を支援します。

▼詳細
「日本商工会議所」
詳しくはこちらへ

低炭素型ディーゼルトラック普及加速化事業(補助金)
( 2021.6.1)

▼概要
一般財団法人環境優良車普及機構(LEVO)では、環境省からの令和3年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(低炭素型ディーゼルトラック普及加速化事業)を活用し、中小トラック運送業者について燃費性能の高い低炭素型ディーゼルトラックの導入を支援し、低炭素社会の創出を促進する事業を実施します。

▼詳細
「一般財団法人環境優良車普及機構」
詳しくはこちらへ

在宅勤務に係る費用負担等に関するFAQ
( 2021.6.1)

▼概要
リモートワークが推奨され在宅勤務も増える中、その費用負担に関するFAQを国税庁が公表しています。

▼詳細
「国税庁」(PDF)
詳しくはこちらへ


ものづくり・商業・サービス高度連携促進事業(補助金)
( 2021.5.15)

▼概要
本事業は、複数の中小企業・小規模事業者等が連携して取り組む、生産性向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資や幹事企業が主導し、中小企業・小規模事業者等を束ねて面的に生産性向上を推進する取組等を行う事業を支援するものです。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ

JAPANブランド育成支援等事業(補助金)
( 2021.5.15)

▼概要
本事業は、海外展開やそれを見据えた全国展開のために、新商品・サービスの開発・改良、ブランディングや、新規販路開拓等の取組を中小企業者が行う場合に、その経費の一部を補助するものです。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ

令和3年度発明研究奨励金
( 2021.5.15)

▼概要
公益財団法人日本発明振興協会は、科学技術の振興、産業の発展に資する中小企業及び個人の発明考案を奨励する目的をもって、発明考案を実施化するための試作、試験を援助します。

▼詳細
「公益財団法人日本発明振興協会」
詳しくはこちらへ


早期経営改善計画策定支援事業(補助金)
( 2021.5.1)

▼概要
本事業は、資金繰りの管理や自社の経営状況の把握などの基本的な経営改善に取り組む中小企業者等が、国が認定した税理士などの専門家の支援を受けて資金繰り計画やビジネスモデル俯瞰図といった内容の経営改善計画の策定する際、その費用の3分の2(上限20万円)を補助することで、中小企業者等の早期の経営改善を促すものです。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

中小企業のためのEC活用支援ポータルサイト【ebiz】
( 2021.5.1)

▼概要
ebizは、国内EC及び越境ECの新規参入方法から売上の拡大まで、中小企業のネットショップ販売成功のヒントを詰め込んだポータルサイトです。
ECについて誰でも動画で学べるオンライン講座や、専門家からのアドバイスが直接オンラインで受けられるサービスもあります。

▼詳細
「独立行政法人 中小企業基盤整備機構」
詳しくはこちらへ

2021年版「中小企業白書」「小規模企業白書」
( 2021.5.1)

▼概要
2021年版白書では、新型コロナウイルス感染症が中小企業・小規模事業者に与えた影響や、この危機を乗り越えるために重要な取組として、事業環境の変化を踏まえた事業の見直し、デジタル化、事業承継・M &Aに関する取組等について、豊富な事例を交えながら調査・分析を行いました。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ


IT導入補助金2021<通常枠 (A・B類型) >
( 2021.4.15)

▼概要
本事業は、中小企業・小規模事業者等が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革、被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイスの導入等)等に対応するため、中小企業・小規模事業者等が生産性の向上に資するITツール(ソフトウェア、サービス等)を導入するための事業費等の経費の一部を補助するものです。

▼詳細
「一般社団法人 サービスデザイン推進協議会」
詳しくはこちらへ

小規模事業者持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>
( 2021.4.15)

▼概要
令和2年度第3次補正予算「小規模事業者持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>」は、小規模事業者が新型コロナウイルス感染症感染防止と事業継続を両立させるため、対人接触機会の減少に資する前向きな投資を行い、ポストコロナを踏まえた新たなビジネスやサービス、生産プロセスの導入等の取組を支援するものです。

▼詳細
「独立行政法人中小企業基盤整備機構生産性革命推進事業室コールセンター」
詳しくはこちらへ

共同・協業販路開拓支援補助金(第3回)
( 2021.4.15)

▼概要
本事業は、中小企業・小規模事業者等が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革、被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイスの導入等)等に対し、地域振興等機関(地域に根付いた企業の販路開拓を支援する機関)が中心となって、地域の中小企業・小規模事業者を取りまとめ、互いに足らざる経営資源を補いながら商品やサービスの販路開拓に取り組む事業に対して経費の一部を補助するものです。

▼詳細
「全国商工会連合会」
詳しくはこちらへ


J-GoodTech(ジェグテック)
( 2021.4.1)

▼概要
年々自然災害は大規模化・広域化・多発化しています。 いくら事業継続力強化計画やBCPを立てても、中小企業一社では心許ない……。
いざというとき頼りになる連携先があれば、どれほど力強いことでしょう。
しかし、組合もなく、協力会社もなく、地域に関連する企業もなかったら、どうやって連携してくれる企業を探せばいいのでしょうか?
そんなときこそ、ジェグテック。中小機構が運営している、B2Bのビジネスマッチングサイトです。あなたの会社にぴったりな連携先をジェグテックで探せます。

▼詳細
「独立行政法人 中小企業基盤整備機構」
詳しくはこちらへ

生産性向上企業事例動画一覧
( 2021.4.1)

▼概要
中小機構では、生産性向上に取り組む全国各地の企業のみなさまから貴重なお話を伺い、動画にまとめました。どの動画も3分ほどで視聴でき、様々な業種の企業事例がわかりやすく学べます。
生産性向上のために何から取り組むべきかお悩みの事業者のみなさまのヒントとしてご活用ください。
▼詳細
「独立行政法人 中小企業基盤整備機構」
詳しくはこちらへ

フリーランスとして安心して働ける環境を整備するためのガイドライン
( 2021.4.1)

▼概要
フリーランスについては、多様な働き方の拡大、ギグ・エコノミー(インターネットを通じて短期・単発の仕事を請け負い、個人で働く就業形態)の拡大による高齢者雇用の拡大、健康寿命の延伸、社会保障の支え手・働き手の増加などに貢献することが期待されています。
成長戦略実行計画においても、フリーランスとして安心して働ける環境を整備するため、政府として一体的に、保護ルールの整備を行うこととされました。
これらを踏まえ、事業者とフリーランスとの取引について、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律、下請代金支払遅延等防止法、労働関係法令の適用関係を明らかにするとともに、これら法令に基づく問題行為を明確化するためのガイドラインを作成しました。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ


戦略的基盤技術高度化支援事業(補助金)
( 2021.3.15)

▼概要
「戦略的基盤技術高度化支援事業」は、中小企業等による精密加工、表面処理、立体造形等のものづくり基盤技術の向上を図ることを目的として、中小企業等が大学・公設試等と連携して行う、研究開発や試作品開発、その成果の販路開拓に係る取組等を一貫して支援します。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

商業・サービス競争力強化連携支援事業(新連携支援事業)(補助金)
( 2021.3.15)

▼概要
本事業は、中小企業者が産学官で連携し、また異業種分野の事業者との連携を通じて行う新しいサービスモデルの開発等のうち、地域経済を支えるサービス産業の競争力強化に資すると認められる取組について支援します。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

中小企業組合等課題対応支援事業(補助金)
( 2021.3.15)

▼概要
中小企業が単独では解決することが難しい問題(ブランド化戦略、事業分野の活力低下、技術・技能の承継の困難化、環境問題等)に対して、中小企業が連携して取り組む調査やその実現化について、全国中央会から補助を行うものです。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ


小規模事業者持続化補助金<一般型> 第5回
( 2021.3.1)

▼概要
小規模事業者が直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大等)等に対応するため、経営計画を作成し、それらに基づいて行う販路開拓の取組み等の経費の一部を補助するものです。

▼詳細
「全国商工会連合会」
詳しくはこちらへ

地域新成長産業創出促進事業費補助金
( 2021.3.1)

▼概要
本事業は、地域未来牽引企業及び地域未来投資促進法の承認地域経済牽引事業者に対して、システムを活用した経営管理体制強化のための課題整理及び計画策定並びにシステム導入に要する経費を補助することで、地域への横展開が可能な優良事例の創出を図り、地域企業の経営のデジタル化及び規模成長を促進することを目的としています。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ

情報バリアフリー事業助成金
( 2021.3.1)

▼概要
本助成金は、「誰もが等しく通信や放送のサービスを利用できる環境を整備」するための機器の開発やサービスの提供を行う事業を公募の対象としています。そのため、既存のサービスを身体障害者でも利用できるようにするための機能の追加、プログラムの変更、インターフェースの改良など、新たな機器やサービスの開発以外も助成の対象になります。

▼詳細
「国立研究開発法人 情報通信研究機構」
詳しくはこちらへ


お問合せ電話0545-51-3838
お気軽にお問合せください

お役立ち情報

連絡先

社会保険労務士法人トラストワン


社会保険労務士法人
トラストワン
有限会社労務管理センター
労働保険事務組合富士労務協会
静岡建設企業協会
〒417-0061
静岡県富士市伝法2484番地の11
TEL 0545-51-3838
FAX 0545-53-0016

社会保険労務士法人
トラストワン静岡事務所

〒422-8026
静岡県静岡市駿河区富士見台一丁目14番26号
TEL 054-284-3838
FAX 054-284-0016

お問合せはこちらから